PROFILE

きっとラット

ケイ(Vo/)とRYOSUKE(ピアノ/)の17歳差の2人からなる2017年6月4日に結成した
異色音楽ユニット。

2014年9月にケイが大学1年生のころにRYOSUKEの主催するカンボジアでのプロジェクトに参加することで
出会う。以降、ちょくちょくアジアの開発途上国を共に周りながらアジアのや人の生きざまを感じる。

2016年8月に「バナナ」の原曲をRYOSUKEのオフィスで遊びで作り、iPhoneの録音機材で録音。
それをケイが某音楽会社のオーディションにだしたところ奇跡的に通ってしまう。
それからも色々とアジア各国の様々なプロジェクトを仕掛ける過程で音楽の持つ可能性や力を考え続け、

2017年5月に”きっとラット”を結成することを決意。
5月27日に「夜明け前」と称して、都内のライブハウスにて友人ら中心に約100名に
「音楽で社会にもっと楽しい変化をつくる」決意を伝える初ライブを実施。
東京都内を中心に精力的に音楽イベントを仕掛ける。

●ケイ(写真右)
Instagram Twitter
7月17日 広島生まれ湘南育ち。
慶応大学の4年生。音楽好きな両親の影響もあり、様々な音楽を聴いて育つ。
高校時代に友人と学園祭などでコピーバンドを結成し、数回liveを行い、
歌うことの喜びを知るものの、大学在学中は、芸人スクールに通ったり、
プロダーツプレイヤーになったりする。

人を楽しませることに至上の喜びを感じることに気付く中で、地元の海を歩いているときに
「バナナ」の原曲ともなるメロディーが降ってきてRYOSUKEのオフィスに駆け込み音作りをする。
その後、運命に身を任すかのようにきっとラットとして、音楽の世界に入っていく。

●RYOSUKE(写真左)
3月8日 東京生まれ東京育ち。
母親にピアノを幼少期に学び、以降耳コピで様々な音楽を弾く。
中学2年の時にJリーグが開幕をしてサッカーに興味を持ち高校からサッカーを始める。
高校~大学在学中に音楽を本格的にはじめながらも世界中を旅しながら
社会のクリエイティブな問題解決に興味を持つ。

世界中のソーシャルビジネスを支援する事業をはじめ、アジアを中心に10か国以上の
国々でマイナスなモノやコトをプラスに変えるプロジェクトを仕掛ける。
音楽から離れて15年以上を経て2017年6月から”きっとラット”として再び音楽の世界に戻る。